中部創価学会TOP | 教育運動

中部教育部 
名古屋未来部育成相談室

 

 1976年11月18日開設。1999年1月26日より中部教育文化会館(現中部平和会館)に移設。現在、室員・ボランティアを含め、スタッフ70名余りで運営。事務室・面談室・プレイルーム・箱庭ルームを備えた全国一の施設をもつ。現在、年間3000人余りの方が来談。 
2014年に、名称を教育相談室から未来部育成相談室に改める。 

<相談対象>
 高校生までの未来部の子どもさんについての相談 
<相談日時> 毎週火曜日・木曜日  19:00~21:00 
       毎月第2・第4日曜日 10:30~14:00 
<住所> 451-0031名古屋市西区城西2-18-21 中部平和会館内 
<電話> 052(528)1177 <FAX> 052(528)1166 
<申し込み方法> ハガキまたは封書申込み①保護者の名前②住所③連絡先④子どもの名前
⑤学年(年齢)⑥相談内容 をお書きの上、上記住所までお出しください。

<主な相談内容>

 不登校に関する相談が6割、性格・行動に関する相談が2割を占める。ここのところ、不登校の背景にある家族関係や学校での友人関係に関する相談、進路に関する相談などが増えている。問題が深刻になってからの「対処的な相談」から、子どもが小さい段階や早期での「予防的な相談」を啓発している。

 <特徴>

 本相談室のスタッフはカウンセリングの専門家ではないが、「来談者第一」の精神で、来談される方の気持ちに誠心誠意寄り添うことに努めている。
2014年より、教育相談室から「未来部育成相談室」と改称し、高校生までの未来部の子どもさんの育成について、相談にあたっている。
なお、愛知県内には17か所の会館相談も開設されており、ここにも、年間1000人余りの方が来談されている。相談室では、これら各会館相談との連携を図りながら、子育て支援、未来部育成の支援に努めている。
 

 

ぽかぽかひろば

ぽかぽか広場が好評
中部教育部幼児教育部


 子育てに励む母親と子どもたちへの支援を目的に、2000年(平成12年)、現在の中部平和会館内に「ぽかぽか広場」を開設。
毎月第4日曜日の午前10時30分から正午まで予約なしで参加でき、創作遊びや親子遊び、子育て相談を行い、”親子のふれあい”を楽しんでいる。
 また、05年からは、幼児教育部と地元組織が連携し、地元会館を会場とした「移動ぽかぽか広場」を各地で開催。
 幼児から小学校低学年までの家族を対象に、手遊びや牛乳パックを使った創作など、趣向を凝らしたイベントを行い、好評を博している。