中部創価学会TOP | 堅塁 news

2017.10.7

鼓笛隊がぎふ信長まつりに出演

   
 
中部富士鼓笛隊(澤村悠部長)が10月7日、第61回「ぎふ信長まつり」に出演。
「華陽の誓い」などを演奏しながら、岐阜市中心街の「金華橋通り」を行進した。
“勇気と希望を届けたい”との思いを込めた熱演に、沿道の観衆から温かい声援が送られた。

2017.9.18

創価中部ビクトリア・オブ・ピース 愛知県マーチング大会で金賞!

   
 
9月18日、鼓笛隊の創価中部ビクトリア・オブ・ピース(後藤加代チームリーダー)は、日本ガイシホールで開催された第30回「愛知県マーチング大会」に出演。
「サウンド・オブ・ミュージック」をテーマに洗練された演技を披露し、金賞に輝いた。

2017.9.3

創価中部サウンド吹奏楽団 東海吹奏楽コンクールで金賞!

   
 
音楽隊の創価中部サウンド吹奏楽団が9月3日、静岡市清水文化会館マリナートで開催された第72回「東海吹奏楽コンクール」(職場一般の部)に出場した。
多戸幾久三氏の指揮で、「交響曲第2番」第一・三楽章(保科洋作曲)などを演奏し、金賞に輝いた。

2017.8.20

音楽隊・鼓笛隊が広小路夏まつりで熱演

 
  
音楽隊の創価中部ファーストスターズ(織田淳楽団長)と中部富士鼓笛隊(澤村悠部長)が8月20日、第66回「広小路夏まつり」のパレードに出演。
中部歌「この道の歌」や「華陽の誓い」などを熱演し、沿道の観客から喝采が送られた。

2017.7.24

中国・西安の小学生らが中部文化センターへ

   
 
中国から来日した西安市長安区第一小学校の児童や教職員らが7月24日、名古屋市の中部文化センターを訪問した。
鈴木中部青年部長が歓迎のあいさつをした後、名古屋つばさ夢の星少年少女合唱団が「桜花縁(おうかのえにし)」を日本語と中国語で合唱し、友好の歌声を響かせた。
同校の教員は「未来を担う中日両国の青少年同士が友情を育むことができ、大変にうれしく思います」と喜びを語った。

2017.7.14

豊田市で民音学校コンサート

   
 
民音の学校コンサートが7月14日、豊田市民文化会館で行われ、南アフリカの「ドラケンスバーグ少年合唱団」が、美しい歌声を響かせた。
市内の三つの小・中学校の児童や生徒、教職員ら1300人が鑑賞し、生徒からは「力強合唱と迫力あるダンスに元気をもらいました」等の喜びの声が寄せられた。

2017.6.10

「平和の文化講演会」を開催

   
 
愛知女性平和委員会の主催する「平和の文化講演会」が6月10日、中部池田記念会館で開催された。
山本公子愛知女性平和委員長に続き、国際連合地域開発センターの高瀬千賀子所長が「国連を職場として誰も置き去りにしない国際社会への取り組み」と題し、講演した。
高瀬氏は「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の「持続可能な消費と生産」の分野に言及。世界各地の紛争の主な要因は資源であり、一人一人が日々の生活で、限りある資源を大切に使う行動を選択することが、平和な地球の構築に直結すると訴えた。
松波中部婦人部長が「日本の中心から、平和の文化を世界へ発信していきましょう」とあいさつした。

2017.6.7

関西創価学園 高山で教育研修旅行

   
 
関西創価高校の3年生(43期生)が、教育研修旅行で6月7日から3日間、岐阜・高山市等を訪問。上高地・新穂高・乗鞍畳平の自然研修プログラムと、ひるがの高原や白川郷などを見学した。
最終日の9日には、「43期生大会」を21世紀研修道場で開催。実行委員長の計福人さんと依田晴美さんのあいさつに続き、43期生宣言を発表した。
関西創価高校の桝田尚之副校長の後、学園評議員の平山中部長が激励した。

2017.5.31

台湾のアカペラグループ「Gili(ジリ)」と交歓会

   
 
民音公演で来日している台湾のアカペラグループ「Gili(ジリ)」と、総愛知婦人部の仲良合唱団との交歓会が5月31日、日本特殊陶業市民会館で開催された。
大串中部婦人部書記長らの歓迎のあいさつに続き、仲良合唱団が「母」を披露した。
Giliの葉微真(ようびしん)さんは「皆さんの歌声から、曲に込められた池田先生の温かさを感じました」と感謝を述べ、メンバーと美しいアカペラを響かせた。

2017.5.24

中部青年平和講座を開催

   
 
中部青年平和講座が5月24日、中部池田記念会館で開催された。
平山中部長のあいさつの後、名古屋女子大学短期大学部長の遠山佳治氏が「風土と歴史からみた名古屋・愛知県における食文化の特質」のテーマで講演を行った。
遠山氏は、東海地域の豆みそや醸造業などの発展の歴史について触れ、温暖な気候と山地から流れる豊富な水が、愛知の食文化形成に大きな影響を与えたと語った。また、東京と関西の接点として発展した独自の食文化についても紹介した。
参加者からは「食文化の形成には風土と歴史が深く関わっていると知り、愛知の魅力を再確認できました」などの声が寄せられた。

2017.5.4

創価中部サウンド吹奏楽団、創価中部ファーストスターズが
「ナゴヤエキトピアまつり」に出演

   

 
5月4日、創価中部サウンド吹奏楽団が「第34回ナゴヤエキトピアまつり」に出演し、タワーズガーデンステージにて、ミニコンサートを開催した。同まつりのメインイベントで、放送開始50周年を迎えたウルトラマンヒーローズ・スペシャルライブにちなんだ、「ウルトラマンメドレー」をはじめ、「ドラゴンクエスト」「ルパン三世」「母」などを披露。アンコールの掛け声がかかるなど大盛況のうちに終演した。
創価中部ファーストスターズも5月4日、5日の両日、同まつりに出演し、名古屋駅前でパレードとタワーズガーデンステージにて、ミニコンサートを。パレードでは学会歌を力強く演奏した。ミニコンサートでは、演技・演奏が始まるとガーデンステージに観衆が続々と詰めかけ鑑賞。「力強い演奏と優しい音色で楽しい時間をありがとうございます」との声が寄せられた。

2017.4.22

中部文化センターがオープン!

   

 
平和と文化の新たな発信地「中部文化センター」がオープンした。
4月22日午前、オープニングセレモニーが行われ、婦人部の仲良合唱団が「この道の歌」などを爽やかに披露。松波中部婦人部長に続き、沼倉婦人部書記長、平山中部長が祝福の言葉を贈った。
午後には、近隣の友を招いて見学会を。松原中部総合長のあいさつの後、名古屋つばさ夢の星少年少女合唱団が歌声を響かせた。
1階のワールドホールには、常設展示の広布史パネル、「リサール金メダル」などを設置。特別映像も上映される。
2階のKENRUIホールでは、企画展示の「学ぼう! 師弟の力 はげましは万の力」展を開催(8月31日まで)。ここでは、画家の間瀬健治さんが池田先生を描いた原画も鑑賞できる。
 
【開館時間】午後0時30分から同5時(入館は同4時30分まで)
【休館日】毎週水曜日、年末年始
【所在地】名古屋市西区堀端町6の14
※入場無料。

2017.4.16

中国国家京劇院と中部青年部が交歓会

   

 
民音公演で来日中の中国国家京劇院と中部青年部との交歓会が4月16日、日本特殊陶業市民会館で行われた。
小嶋中部副青年部長のあいさつの後、青年部の合唱と山口晃司さんの津軽三味線で歓迎。
同院の協力を得て青年部の代表が孫悟空の化粧をして京劇を体験すると、笑顔が弾けた。
同院の于魁智(うかいち)副院長に続き、中国駐名古屋総領事の鄧偉(とうい)氏が祝福の言葉を述べた。

2017.4.14

平和と友情と希望の城
中部文化センター4月に誕生

  
堅塁・中部に、友情を結び、平和と希望を発信する城が誕生!
このほど、婦人・女子部の宝城として使用されてきた中部国際女性会館が「中部文化センター」として、4月23日にリニューアルオープンすることが決まった。
2度にわたる池田先生ご夫妻の中部国際女性会館訪問の軌跡を紹介する常設展示の他、企画展示やイベントを開催する「KENRUIホール」、休憩スペース、キッズルーム、シアタールームなどが設置される。詳細は次の通り。
 
【開館時間】午後0時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
【休館日】毎週水曜、年末年始
 
LinkIcon 4月23日㈰オープン 中部文化センターのご案内

2017.3.19

創価中部サウンド吹奏楽団が第22回定期演奏会を開催


 
創価中部サウンド吹奏楽団が第22回定期演奏会を3月19日、瀬戸市文化センターで開催した。
多戸幾久三氏の指揮で「マーチ・シャイニング・ロード」(木内涼作曲)等を堂々と演奏。参加者から「心に響く音色に感動しました」などの声が寄せられた。

2017.3.12

名古屋で「平和の文化と希望展」

  
「平和の文化と希望展」〈名古屋展〉が3月7日(火)から12日(日)までの6日間、名古屋市中区栄の「ナディアパーク」(デザインホール)で開催され、連日多くの鑑賞者でにぎわった。
 開幕式に出席した藤田保健衛生大学の金田嘉清地域包括ケア中核センター長は「子どもと高齢者が住みやすい地域づくりが大切です。そのために"これから何をしたらよいのか"がよく伝わる展示だと思います」と。国際連合地域開発センターの高瀬千賀子所長は「展示の中で持続可能な開発目標(SDGs)も紹介されており、国連が掲げる『誰も置き去りにしない』社会を構築する一助になることを期待します」と語った。

 
2017.2.13

愛知県南知多町の小・中学校に図書贈呈

篠島小学校

  

日間賀中学校


2017年2月13日、愛知・南知多町の離島・篠島の篠島小学校と日間賀島の日間賀
中学校に、創価学会から優良図書が300冊ずつ贈られた。両校には今後5年間にわ
たり、毎年各20冊ずつ追加贈呈される。愛知県内での図書贈呈は20校となった。
両校でそれぞれ行われた式典では、学会を代表して熱田総愛知長から児童・生徒
の代表に目録が手渡された。
篠島小学校の戸澤校長は「心には栄養が必要です。本をたくさん読んで豊かな感
情を育もう」と述べ、日間賀中学校の井本校長は「本は自分の世界を広げます。
皆で読書に挑戦していきましょう」と語った。
生徒から「感謝の気持ちを忘れず、頂いた本を大切に読みます」等の声が寄せられた。

2017.2.12

創価中部サウンド吹奏楽団東海アンサンブルコンテストに出場

 

 
2月12日、創価中部サウンド吹奏楽団が、みよし市文化センターサンアートで行われた「第43回東海アンサンブルコンテスト」に2編成(サクソフォン四重奏・金管八重奏)で出場し、サクソフォン四重奏は「銀賞」、金管八重奏は「銅賞」を受賞した。
サクソフォン四重奏では「サクソフォン四重奏曲」(アルフレッド・デザンクロ作曲)を演奏。審査員から「4人の息がよく合った演奏でした」との声が寄せられた。
金管八重奏は「晴れた日は恋人と市場へ!」(建部知弘作曲)を演奏し、「歌心があってよかったです」と審査員が講評した。

2017.2.5

半田市で希望の種子展

  

 
環境展示「希望の種子――持続可能性のビジョンと変革へのステップ」が2月3日、愛知県半田市の半田赤レンガ建物で開幕した。 
開幕式には多数の来賓が出席。名古屋大学の竹内恒夫教授は「現代社会の抱える 
問題の解決には、一人一人の心の変革が重要。それを教えてくれる展示です」と語った。 
5日(日)まで開催し、延べ3003名が来場した。

2017.1.17

日中友好青少年音楽会を開催


 
中国の西安楽韵芸術団、西安市長安区第一小学校と、総愛知未来部が第2回「日中友好青少年音楽会」を1月17日、中部池田記念会館で開催した。
鈴木中部青年部長に続き、中国の両団体が民族楽器やピアノなどを演奏した。未来部の代表による歓迎の合唱の後、平山中部長が、「揺るぎない友情の懸け橋を築いていきましょう」とあいさつ。一般財団法人「地球子ども村」理事のティンティン氏は、「日中の未来のため、地道な交流を続け、〝心の絆〟を強めたい」と語った。
中国駐名古屋総領事の鄧偉(とうい)氏が祝福の言葉を述べた。

2016.12.18

創価中部ファーストスターズが全国大会で健闘!


 
音楽隊の創価中部ファーストスターズが12月18日、さいたまスーパーアリーナで開催された第44回「マーチングバンド全国大会」に出場し、銅賞を受賞した。
「Explore The Future――勇気の一歩」とのテーマで迫力の演奏・演技を披露。
勉学、仕事、学会活動に挑戦し抜いたメンバーの熱演に大きな拍手が送られた。

2016.12.11

創価中部ブリリアンス・オブ・ピース4年連続の日本一に!


 
鼓笛隊の創価中部ブリリアンス・オブ・ピースが12月11日、千葉市の幕張メッセで行われた第44回「バトントワーリング全国大会」(日本バトン協会主催)の「一般部門」OPENの部・ペップアーツ編成に出場。編成別で第1位となり、4年連続〝日本一〟に輝いた。
テーマは「音楽会」。軽やかなメロディーに合わせ、大きな音符やポンポンを手に華やかな舞を演じた。

2016.11.13

創価中部サウンド吹奏楽団吹奏楽フェスティバルに出演


 
11月13日、名古屋市の『オアシス21』で開催された「第25回吹奏楽フェスティバル」に創価中部サウンド吹奏楽団が出演した。
「ルパン3世」「めざせポケモンマスター」などを披露し、来場者から多くの拍手が送られた。

2016.10.16

創価中部ファーストスターズフラワーカーパレードに出演


 
10月16日に行われた「名古屋まつり・フラワーカーパレード」に創価中部ファーストスターズが出演。
「誓いの青年よ」「この道の歌(中部歌)」などを演奏し、沿道からカメラが向けられ、拍手や歓声が送られた。

2016.10.2

中部男女学生部が主催 アジア学生フェスタ


 
青年部の平和運動「SOKAグローバルアクション」の一環として、第1回「アジア学生フェスタ」が10月2日、中部池田記念会館で12人の留学生を交え、にぎやかに開催された。板谷中部学生部長と小林同女子学生部長のあいさつに続いて、有志が平和のために世界を駆け巡ってきた池田SGI会長の心情を映像に合わせて朗読した。クイズ大会、中国琵琶奏者のティンティン氏による記念演奏に続き、上山学院日本語学校の上山伸治学院長は、国籍を超えて手を取り合い、共生と調和の社会を築いていきたいと述べた。鈴木中部青年部長があいさつした。

2016.10.1

岐阜・信長まつり 鼓笛隊がパレード


 
中部鼓笛隊(鈴木あづさ部長)が10月1日、岐阜県で行われた第60回「ぎふ信長まつり」に出演した。学会歌メドレーなどを奏でながら、岐阜市中心街の「金華橋通り」を爽やかにパレード。"世界中の皆さんに、勇気と希望を届けたい!"との思いを込めた熱演に、沿道の観衆から、大きな拍手と声援が送られた。

2016.8.21

音楽隊・鼓笛隊が「広小路夏まつり」パレードに出演

 

 
平和の調べを高らかに!――音楽隊の創価中部ファーストスターズ(織田淳楽団長)と中部富士鼓笛隊(鈴木あづさ部長)が21日夕、第65回「広小路夏まつり」のパレードに出演。 
 
中部歌「この道の歌」や「誓いの青年よ」などを奏でながら行進した。軽やかな音律が夏空に響きわたり、沿道から喝采が送られた。